スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企画構成(5):Survival Stage

第1期エントリーの受付中です。エントリーはこちらから。

さらに引き続いての更新。企画構成の5回目はSurvival Stageの各PHASEの内容です。公式ウェブページでは、もう少しわかりやすくなるように表組みで掲載します。



Survival Stage

構成
・トップシード枠を獲得した者(最大3名)を除く全員を、Opening StageとFree Stageを通じての予選総合得点(女性アーティスト・男性アーティストの合計)に応じて上位組と下位組に分ける

出題方法と正解・不正解
・出題ルールは基本的にFree Stageと同一であるが、以下の点が異なる
 - 正解1問あたり1点でカウントし、以前のStageの得点とは通算しない
 - 採点はホワイトボードにより行う
 - 不正解での休みはないが累積3問で解答権を失い、それまでに獲得した得点もすべて失って敗退となる

PHASE 6
・予選総合得点の下位組が出場
・選抜アーティスト全100組が対象、制限出題数は100問
 - 1アーティストにつき最大1問
 - 派生アーティストの出題はない
・制限時間は30分
・成績最上位者(第1位)が準決勝に進出、最上位が同点の場合は同点決勝を行う
 - トップシード枠獲得者が1名のみの場合、本PHASEの準決勝進出枠は上位2名とする

PHASE 7
・予選総合得点の上位組が出場
・選抜アーティスト全100組が対象、制限出題数は100問
 - 1アーティストにつき最大1問
 - 派生アーティストの出題はそこそこある
・制限時間は40分
・成績上位5名が準決勝に進出、ボーダー上が同点の場合は同点決勝を行う
 - トップシード枠獲得者が2名以下の場合は、本PHASEの準決勝進出枠は上位6名とする
 - (ルール変更により)準決勝進出者を12名とした場合、本PHASEの準決勝進出枠は上位7名とする
 - 上記2条件が併存する場合、本PHASEの準決勝進出枠は上位8名とする



このStageを勝ち抜けられなければ大会の敗退が決まってしまう、文字通りの生き残りをかけたStageです。

すでに説明したように、それまでに獲得した得点は組分けのみに使われてリセットされ、このStageの得点のみで準決勝に進出できるかどうかが決まります。
下位組は、原則として第1位になるしかない究極の勝負。イチかバチかの姿勢でのクイズが要求されますが、これまでのPHASEに比べて制限出題数も制限時間も多くなります。序盤・中盤で不正解を重ねてしまうと、後々苦しむことになることでしょう。
上位組は準決勝進出枠がかなり広いものの、当然ながら対戦相手は厳しく、もしかしたら出題の難度も高くなるかも?しれません。決して楽な戦いにはならないのではないでしょうか。

さて、トップシード枠を獲得した(最大)3名ですが、準決勝までお休み?
いや、その方々にもクイズには参加していただきます。その内容を次回紹介します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RANIMP

Author:RANIMP
このページは最新情報の提供ページです。先頭記事は大会概要ではなく最新投稿記事となります。大会全体の情報はRANTRO IMPERIAL 情報ページをご覧ください。

最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。