スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラントロクイズとは

今回は、大会の出題方式である「ラントロクイズ」について。イントロクイズの業界ではポピュラーになりつつあるラントロクイズですが、「『イントロクイズ』なら耳にしたことがあるけどなあ」という方もおられるかと思いますので、あらためてご説明を。

-----

1. まず、イントロクイズとは
 「イントロクイズ」は、このページをご覧のみなさんの多くが耳にされたことがある言葉と思います。音楽・楽曲を冒頭から再生し、その楽曲のタイトル(曲名)を解答するクイズです。早押しクイズでは、一般のクイズと同様に、早押しボタンが押された時点で楽曲の再生を停止することが専らです。ボードクイズ・ペーパークイズでは、あらかじめ決められた時間を再生することになっています。
 イントロクイズはその楽曲の冒頭からの再生に限定していることからある1つの楽曲で出題される箇所は当然ながら冒頭の1ヶ所のみです。その楽曲が有名であればあるほどより早くボタンが押されることとなり、出題から1秒に満たずにボタンが押されることも珍しくありません。

2. そして、ラントロクイズとは
 「ラントロクイズ」では、楽曲の冒頭に限らず任意の時点から再生し、イントロクイズと同様にその楽曲のタイトルを解答します。イントロクイズは出題部分が楽曲の冒頭に限定されるのに対し、ラントロクイズは任意の時点であることから、イントロ部分だけではなくて楽曲のあらゆる部分を知っている、聴いたことがあることが求められます。また、その楽曲の全ての部分を知っているわけではないものの、メロディや曲調から覚えている部分を推理して解答するというような一種の勝負感を問われるものもあります。解答(楽曲)が同じであってもさまざまな出題のバリエーションが存在する、という意味では一般のクイズに近いものがあるかもしれません。
 イントロクイズとは異なり楽曲のどの部分から出題されるかは分からないことから、出題から1秒以内にボタンが押されることはあまりありません。個人の感じ方にもよりますが、楽曲のどの部分であるかを聞き分ける難しさはあるものの、ボタンを押せる機会はイントロクイズに比べれば少なくないとされます。

3. ラントロクイズの大会
 「ラントロクイズ」は、別に私が新しく開拓したものというではなくて、一般クイズ・イントロクイズに問わずのサークル例会レベルでは10年以上前から行われてきているものです。「イントロクイズ」という楽曲の冒頭に限定された出題方法が飽和ぎみになってきたこともあり、数年ほど前からイントロ系の大会でも行われるようになってきています。今回の大会も、そのようなラントロクイズ大会の一つとして開催します。

-----

次回は、今大会の大きなテーマの1つである「選抜アーティスト」について。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RANIMP

Author:RANIMP
このページは最新情報の提供ページです。先頭記事は大会概要ではなく最新投稿記事となります。大会全体の情報はRANTRO IMPERIAL 情報ページをご覧ください。

最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。