スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早押しクイズのルール/解答判定について(基本)

早押しクイズのルール

基本ルール
・早押しクイズでは、手元のボタンを最初に押した人=手元のランプが点滅している人に解答権が与えられる
・その楽曲のタイトル(曲名)を口頭で、明瞭に解答してください
・その解答に対し、正解・不正解の判定を行う
・その時点でその出題は終了し、他の解答者に解答権が移ることはない(いわゆる「2押し」はなし)
・解答発表では、出題終了部分の前後を再生し、その後、出題曲のサビ(もっとも盛り上がる部分)を再生する

出題時間
・司会者の「カントロ ドン!」の掛け声とともに楽曲の再生を開始。間奏の開始時点または途中から、歌詞の部分の直前まで再生する
・楽曲の再生中はカウントをせず、再生の終了とともに3秒のカウントダウン(3,2,1)を行う。発声・指の両方でカウントする
・カウントダウン終了後にボタンが押されない場合は、ブザーとともにスルー(解答権獲得者なし)とする
・カウントダウン終了直前にボタンが押されたときにブザーでキャンセルされた場合は、スルーの扱いとする

出題ツール・音源
・パソコンの音楽再生ソフトを利用する
・出題音源は、音楽CDや衛星放送の音声を音楽ファイルに変換したものとする



解答判定について

解答時間
・ボタンが押されてからの解答時間は、およそ7秒とする
・ボタンが押されたあと、一呼吸を置いて5秒前からカウントダウン(5,4,3,2,1)を行う

サブタイトルについて
・サブタイトルのある楽曲が出題された場合、サブタイトルは解答しなくてもよい。メインのタイトルが正確であれば正解とする。
・サブタイトルを解答してもよく、それが正確なものであれば正解とする
・解答したサブタイトルが間違っていた場合は、メインのタイトルが正確であったとしても不正解の判定とする
※ 解答したすべての部分が正確である必要があります。この判定基準は、他の音楽系クイズの大会や例会と同様のものです

解答の正確さ
 イントロ系のクイズでは、一字一句まで解答の正確さが求められる。一般のクイズでいう「(著作物の)作品名」などを問う出題と同様の扱いであり、たとえ日本語としての意味が同じになる言葉だとしても、一字でも一句でも異なれば正解とはならない。例えば、助詞1つだけの間違いでも不正解となる。

解答を聞き直すケース

1.判定者(司会者)が解答を明瞭に聞き取れなかった場合
 解答した方に対し「聞こえませんでした」と言い再解答を促す。この場合は、その直前に解答したタイトルをそのままもう一度解答してください。直前に解答したタイトルと明らかに異なるものを解答したと判断できた場合は、たとえ1つめまたは2つめの解答が正しかったとしても不正解と判定する場合がある。
・明瞭ではなくとも多少は聞こえているので、そのように判断できてしまうケースもある
・最初の解答を明瞭に言わないことによって、複数の解答をする機会を不当に得ることを避けるため
そのうえで2.に該当するケースとなった場合は2.に移る。

2.解答が正解のタイトルに似ている場合(いわゆる「惜しい解答」)
 解答した方に対し「もう一度(もう一回)」と言い再解答を促す。そのままの解答では正解と判定できないものの、惜しい解答であると判定したことを意味する。この場合は、最初に解答した言葉に似ている言葉を解答してください。
・その(2つめの)解答が正確なものであれば正解と判定する
・そのままの解答をもう一度繰り返した場合は「もう一度」とは言わず不正解と判定する
・今大会も、助詞の間違い・単数形⇔複数形の間違いは「もう一度」の声はかからず不正解とする
 一刻も早く答えてしまいたい気持ちはふだん解答者であるわたくしも大いに理解するところですが、本来クイズの解答とは言い直しの効かないただ1つのものであり、1つ1つの解答を大切にしたいというのが私の考えです。あくまでも慎重な解答をお願いしたいと思います。

3. 判定前に言い直しがなされた場合
 一方に正解が含まれ、他方が「惜しい解答」にあたる場合に限り、解答した方に対し「もう一度(もう一回)」と言い再解答を促す。一方が正解で他方が「惜しい解答」にもあたらない場合(つまり明らかに異なる2つの解答を行った場合)、どちらにも正解がない場合(一方または両方が「惜しい解答」であっても)は不正解とする。

 言い直しを含む2つの解答の組み合わせが「正解」と「惜しい解答」である場合に限り、その2つのうちの1つを再度解答する機会をさしあげることにする。この「もう一度」は、たとえ最初に答えたものが正解そのものであったとしても行うため、必ずしも2つめに答えたものが正解であるとは限らない。
 一方で、明らかに異なる2つの解答を行った場合は完全な言い直し=反則とみなし、これも最初に答えたものが正解であったとしても不正解の扱いとする。

その他の特殊なケース
4. 解答権を得た者以外が解答を発してしまった場合
 手元のランプが点滅していない(解答権がない)のに解答を発した場合、解答権がない方の発言は「独り言」として扱い、解答権を得た方の正誤判定には影響しない

5. 出題前に誤ってボタンを押してしまった場合
 ランプの点滅を確認した時点でできるだけ音声を止めるようにするが、間に合わずに音声が流れてしまう場合もある。たとえ過失によるものであるとしても、不当に早くボタンを押し他の解答者の解答機会を失わせたことになるため、この場合は仮にその楽曲のタイトルが分かったとしても不正解の扱いとする。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

RANIMP

Author:RANIMP
このページは最新情報の提供ページです。先頭記事は大会概要ではなく最新投稿記事となります。大会全体の情報はRANTRO IMPERIAL 情報ページをご覧ください。

最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。