スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラウンド紹介5 ~ 3rd ROUND, Final ROUNDの勝ち上がり~

これまでに14名の方からエントリーをいただいております。ありがとうございます。
エントリーは、こちらで承っております。

本日は、3rd ROUND以降の勝ち上がり形式について説明します。



3rd ROUND

・2nd ROUNDまでの合計得点(順位ボーナスを含む)により、出場できるハーフが異なる

・上位12名はOUT(前半)に進出する。1-3位はAペア、4-6位はBペア、7-9位はCペア、10-12位はDペアとなる。
・OUTでは、上位5名が勝ち抜けとなり、Final ROUNDへの進出が決定する。Final ROUNDの開始時点では、当ハーフの1-3位がAペア、4, 5位がBペアとなる。なお、当ハーフの第1位は、Final ROUNDの最初のコーナーで形式選択権を有する

・IN(後半)は、OUTの6位以下7名と、2nd ROUNDまでの合計得点の13位以下全員が進出する。OUTの6-8位がCペア、9-11位がDペア、12位と、2nd ROUNNまでの13, 14位がEペア、同15-17位がFペア、…(以下同様)とする。
・INの上位6名がFinal ROUNDへ進出する。当ハーフの1位がBペア、2-4位がCペア、5, 6位がDペアとなる。
・チャレンジ枠の最上位(基準は別途設ける)はFinal ROUNDへ進出し、Dペアに入る

Final ROUND
・当ROUNDは、全体を4つのコーナー(Dogwood corner, Jasmine corner, Amen corner, Final corner)に分けて行う
・Amen cornerまでの各コーナーで行われるクイズのルールについては、その直前のコーナーのAペアで第1位だった解答者が選択することができる
・Final cornerについては、あらかじめ決められたルールに沿って行う

・それぞれのコーナーでは、各ペアの対戦を全ペア同時に行う
・各コーナーで各ペアの第1位は1つ上のペア(D→C、C→B、B→A)に昇格、第3位は1つ下のペア(A→B、B→C、C→D)に降格となる
・各コーナーの昇降格を行ったあと、Final cornerまでにAペアに昇格できないことが確定した解答者はその時点で敗退となる
・Final cornerはAペアの3名のみで行い、その第1位が本大会のチャンピオンとなる

附記
・Amen cornerについては、他のコーナーに比べて罰則を少し厳しくする予定

Final ROUNDについて補足
・ルール選択:Dogwood cornerについては、3rd ROUND OUTで第1位だった解答者がルール選択する(上記の「形式選択権」)
・各コーナーにおける参加者と敗退条件
 - Dogwood corner:12名一斉に行う。Aペア, Bペアは即敗退なし。Cペアは第3位、Dペアは第2位と第3位が敗退となる
 - Jasmine corner:9名一斉に行う。Aペアは即敗退なし。Bペアは第3位、Cペアは第2位と第3位が敗退となる
 - Amen corner:6名一斉に行う。Aペアは第3位、Bペアは第2位と第3位が敗退となる
・Aペアの第1位は昇格することはないが、上記のとおり形式選択権を有する

・さらに補足すると、Final cornerに勝ち残る(つまり優勝の可能性を残す)ためには、Final ROUND開始時点で、
 - Aペアにいる:全てのコーナーを通じて2位以内を継続すればよい。1度降格すると、以降のコーナーで昇格しなければならない。通算2度の降格は必ず敗退となる
 - Bペアにいる:1度は昇格しなければならない。Dogwood cornerに限り降格(→Cペア)しても敗退とはならないが、その場合以降の2つのコーナーでともに昇格しなければならない
 - Cペアにいる:3つのコーナーの中で2度昇格しなければならない。全てのコーナーを通じ1度でも降格すると敗退
 - Dペアにいる:3つのコーナー全てで昇格することが絶対条件

・もっとさかのぼると、Final ROUNDをどのペアでスタートできるかの条件は、
 - Aペア:3rd ROUND OUTにとある条件下で参加すること、つまり2nd ROUNDまでの合計得点で○位以内に入ることが絶対条件(○は後日開示する)
 - Bペア:3rd ROUND INからは1人だけ入ることができるが、当然ながらINで第1位にならなければならない
 - C,Dペアでスタート:3rd ROUND INからでも入ることはできるが、上記のとおりFinal ROUNDでの勝ち残るための条件は厳しくなる
 - チャレンジ枠:Dペアにしか入ることができないため、Final cornerに勝ち残るための条件は相当厳しい
 ※ 注:もちろん、チャレンジ枠対象の方が上位の枠で勝ち抜けた場合はその枠の条件が適用される




上記のとおり、Final ROUNDでは3rd ROUNDでの総合順位が、3rd ROUNDでは2nd ROUNDまでの総合順位が、露骨なまでに影響してくる形式となっています。どのROUND、どのハーフ、どのコーナーでも、一刻たりとも気を抜けない厳しい対戦が続きます。
各コーナーのさらに詳しいルールは後日お知らせします。
スポンサーサイト

ラウンド紹介4  ~ 2nd ROUND OUT/IN ~

更新が滞っておりまして申し訳ありません。エントリー開始以来の更新です。

これまでに8名の方からエントリーをいただいております。ありがとうございます。
エントリーはこちらで承っております。

長らく中断しておりましたラウンド紹介を再開します。本日は、2nd ROUNDのOUT/INとなります。今大会のコンセプトである「間奏のしらべを楽しむ」を体現したルールでもあります。



Leading BOARD

・出題数は、OUT/IN合計で36問(予定)

・ボードを使用した、早押し席+ボード席のクイズ
 - 早押し席:いわゆる早押しボードクイズを行う。ただし、早押しのあとに出題部分を最後まで聴いてから解答することも可能
 - ボード席:いわゆるボードクイズを行う。ただし、ボタンが押された部分までで解答する、出題部分を最後まで聴いてから解答する、いずれかを選択することが可能
・参加者全体をOUTスタートとINスタートに分け、OUTスタート組が早押し席にいるときINスタート組はボード席に、その逆のケースではその逆の席に、それぞれつく
 - 例えば、OUTスタートはAペア~Dペア、INスタートはEペア~Hペアというように、過去の大会での成績が近い者同士が同じスタート組になるようにする
 - 総参加者数が多い場合は3分割とし、1つのスタート組が早押し席に、残る2つのスタート組がボード席につく
・各出題の進行
 - 早押し席に対して早押しクイズを出題。誰かがボタンを押したところで再生を停止する(通常の早押しクイズと同じ)
 - 早押し解答権を得た者は、その時点でボードに解答を記入する。記入時間は、ボタンを押してから30秒以内とする
 - 早押し席かボード席かに係わらず、その時点で挙手した者はボードに解答を記入できる。挙手できる時間はボタンが押されてから概ね5秒以内とし、記入制限時間は早押し解答者と同じとする
 - 解答締め切り後、あらためて間奏部分を最初から最後まで再生する。その他の解答者は、再生終了から30秒以内に解答を記入する
・得点は以下のとおり
 - 早押し席
  - 早押し解答者:正解+15点、不正解は-10点かつ累積2問で以降の早押し席での早押し・挙手での解答権を失う。ボード解答はラウンドを通じて継続できる。また、ボード席に移ってからの挙手解答権は残る
  - 挙手解答者:正解+6点、不正解-4点かつ次の問題の早押し・挙手での解答権を失う。ボード解答は可能。累積による早押し・挙手の解答権を失うことはない
  - ボード解答者:正解+3点、不正解は0点(ペナルティなし)
 - ボード席
  - 挙手解答者:正解+5点、不正解-2点。次の問題の早押し・挙手解答権を失うことはない
  - ボード解答者:正解+2点、不正解は0点(ペナルティなし)

ペア内の順位点
・早押し席、ボード席それぞれについての得点で順位点を得る
・早押し席:第1位20点、第2位10点
 - 第1位で2名が並んだ場合はその2名が15点、3名が並んだ場合はその3名が10点を得る
 - 第2位で2名が並んだ場合はその2名が5点を得る
・ボード席:第1位10点、第2位5点
 - 第1位で2名が並んだ場合はその2名が7点、3名が並んだ場合はその3名が5点を得る
 - 第2位で2名が並んだ場合はその2名が3点を得る



1問1問をじっくり聴いて解答する形式としています。であるが故に、1問1問の成否が勝敗を大きく分けるポイントになることでしょう。

エントリーご案内

おはようございます。まもなくエントリーを開始します。

前回までと異なるエントリーフォームを使用する関係でフォームに注記を入れられないことから、こちらのページに注記を記載しておきます。記入の際はご不便をかけて申し訳ありません。なお、エントリーフォームへもこのページを経由していただくことになります。その点もご了承ください。

・お名前(戸籍名):戸籍名(本名)を姓・名の順に記入ください。姓と名の間にスペースを入れてください(全角・半角どちらでも結構です)。
・登録名(ハンドルネーム):戸籍名以外に大会ウェブページ等で使用するお名前を記入ください。戸籍名の使用でよろしければ記入の必要はありません。
・ウェブページに掲載するお名前:本ウェブページに掲載するお名前を選択ください。登録名の記入がない場合、戸籍名を掲載します。
・大会会場・大会記録集で使用するお名前:大会会場でお呼びするお名前、印刷物、大会記録集に掲載するお名前を選択ください。登録名の記入がない場合、戸籍名を掲載します。
・大会結果報告(ウェブページ)で使用するお名前:本ウェブページおよび「クイズスケジュール」ウェブページにおいて、大会結果報告で使用するお名前を選択ください。登録名の記入がない場合、戸籍名を掲載します。
・メールアドレス:パソコン・ウェブメール・スマートフォンで使用するアドレスを記入ください。
・性別:ご自身の性別を選択してください
・所属サークル名:所属するクイズサークル・イントロクイズサークルを記入ください。特になければ空欄でも結構です。実在しない架空の団体名は極力お避け下さい。
・在住都道府県:お住まいの都道府県を選択してください。
・懇親会へのご参加:大会終了後に開催予定の懇親会(19時30分~)へのご参加の有無を選択ください。大会当日に参加・不参加を変更いただいても結構です。
・目標・意気込みなど:本大会へご参加いただく上での目標や意気込みなどをお聞かせください。大会記録集に掲載される場合があります。
・ご質問・お問い合わせなど:目標・意気込みとは別に、本大会の内容や進行に関するご質問等がありましたらお聞かせください。

早押しクイズのルール/解答判定について(変更点)

エントリー開始は、予定どおり明日の午前10時とします。
その前に本日は、毎回掲載しております、基本的な出題ルールについてのお知らせとなります。今回はいくつかの変更点がありますので、更新時刻としては後となるこの記事でその変更点をお知らせすることにます。



ver. 2.0 からの変更点

基本的な出題ルールについての変更点を示します。項目名の青い文字は今大会に限定される変更点、赤い文字は今後の大会へ継続して適用される変更点となります。

A. 出題手順

A-1 出題時のかけ声
 ver. 2.0 まで:「ラントロ ドン!」
 ver. 3.0:「カントロ ドン!」とする
今大会は間奏の出題に限定されることによるものです。

A-2 出題時間
 ver. 2.0 まで:原則として20秒間
 ver. 3.0:間奏の開始時点または途中から、歌詞の部分の直前まで
「出題箇所を『間奏』に限定したものとする」コンセプトであることから、今大会は出題時間を規定せず間奏の部分を可能な限り再生することとします。したがって、20秒より長くなる場合もあれば短くなる場合もあります。また、ラウンド・ハーフの難度設定などの観点から、間奏の全てではなく一部飲みを再生する場合もあります。

A-3 出題終了
 ver. 2.0 まで:再生終了の5秒前より、司会者は解答者に対し残り再生時間を指でカウントダウン(5,4,3,2,1)する。楽曲の音声に被らないよう発生はしない
 ver. 3.0 から:楽曲の再生中はカウントをせず、再生の終了とともに3秒のカウントダウン(3,2,1)を行う。発声・指の両方でカウントする
ver. 2.0において、出題終了直前にボタンが押されたブザー(スルー扱い)と重なったことが幾度かあり、その際の取り扱いが不十分な点がありました。そのため、ver. 3.0からはカウント前に再生を終了し、その後3秒間のカウントダウンを行うこととします。

B. 解答発表
 ver. 2.0 まで:原則として出題曲のサビ(もっとも盛り上がる部分)を再生する
 ver. 3.0:出題終了部分の前後を再生し、その後、出題曲のサビを再生する
「間奏のしらべを楽しむ」というコンセプトを考慮し、出題終了部分の前後=間奏部分から歌詞のある部分へのつながりをお聞きいただくことにします。ただし、企画の進行度合いによっては、その部分の再生は省略する場合があります。

C. 解答を聞き直すケース(追加)
 ver. 2.0 まで:「判定者(司会者)が解答を明瞭に聞き取れなかった場合」「解答が正解のタイトルに似ている場合」の2つ
 ver. 3.0 から:「判定前に言い直しがなされた場合」を追加

3. 判定前に言い直しがなされた場合
 一方に正解が含まれ、他方が「惜しい解答」にあたる場合に限り、解答した方に対し「もう一度(もう一回)」と言い再解答を促す。一方が正解で他方が「惜しい解答」にもあたらない場合(つまり明らかに異なる2つの解答を行った場合)、どちらにも正解がない場合(一方または両方が「惜しい解答」であっても)は不正解とする。


 判定者が正誤判定または上記の聞き直しをする前に、解答者が解答を言い直しするケースがあります。時には、最初に答えたものが正解であるにもかかわらず言い直しをしてしまうケースまで見られます。クイズの解答は本来言い直しの利かないただ1つのものであり、解答者が判定者の指示なく複数の解答を示した時点で反則扱いとすべきところでもありますが、一方に正解が含まれるケースもあり即座に不正解とするのも厳しすぎるという見方もあるでしょう。そこで、言い直しを含む2つの解答の組み合わせが「正解」と「惜しい解答」である場合に限り、その2つのうちの1つを再度解答する機会をさしあげることにします。
 この「もう一度」は、たとえ最初に答えたものが正解そのものであったとしても行いますので、必ずしも2つめに答えたものが正解であるとは限りません。その点はご留意ください。一方で、明らかに異なる2つの解答を行った場合は完全な言い直し=反則とみなし、これも最初に答えたものが正解であったとしても不正解の扱いとさせていただきます。
 みなさんの解答によっては判定者が判定を迷うケースもありますが、必ず正誤判定または聞き直しを行いますので、その前に解答を言い直すことは控えていただきますようお願いします。

D. 解答権を得た者以外が解答を発してしまった場合
 ver. 2.0 まで:明確な規定なし
 ver. 3.0 から:手元のランプが点滅していない(解答権がない)のに解答を発した場合、解答権がない方の発言は「独り言」として扱い、解答権を得た方の正誤判定には影響しない (扱いそのものはver. 2.0までと同じ)

 ギリギリのタイミングで解答権を得られなかった場合(いわゆる押し負け)に、ボタンの点滅を確認する前に解答者よりも先に「解答」を発してしまうことも間々あります。この場合、その方が発生した「解答」は判定者の指示なく発せられた「独り言」であるとし、その出題の正誤判定等にはいっさい影響を与えないものとします。
 正規の解答者がその「独り言」を参考にして解答したとしても、それはノーカウントとせず通常の正誤判定を行います。
仮にその「独り言」が正解ではなかった場合に、それをそのまま解答して不正解となったときも救済は行いません。
 もちろん、解答権がない方が他の解答者の解答時間に故意の発言を行うことは重大なマナー違反であり、失格・退場を含む厳しいペナルティを課すこともあります。その点は重々ご承知おきください。

早押しクイズのルール/解答判定について(基本)

早押しクイズのルール

基本ルール
・早押しクイズでは、手元のボタンを最初に押した人=手元のランプが点滅している人に解答権が与えられる
・その楽曲のタイトル(曲名)を口頭で、明瞭に解答してください
・その解答に対し、正解・不正解の判定を行う
・その時点でその出題は終了し、他の解答者に解答権が移ることはない(いわゆる「2押し」はなし)
・解答発表では、出題終了部分の前後を再生し、その後、出題曲のサビ(もっとも盛り上がる部分)を再生する

出題時間
・司会者の「カントロ ドン!」の掛け声とともに楽曲の再生を開始。間奏の開始時点または途中から、歌詞の部分の直前まで再生する
・楽曲の再生中はカウントをせず、再生の終了とともに3秒のカウントダウン(3,2,1)を行う。発声・指の両方でカウントする
・カウントダウン終了後にボタンが押されない場合は、ブザーとともにスルー(解答権獲得者なし)とする
・カウントダウン終了直前にボタンが押されたときにブザーでキャンセルされた場合は、スルーの扱いとする

出題ツール・音源
・パソコンの音楽再生ソフトを利用する
・出題音源は、音楽CDや衛星放送の音声を音楽ファイルに変換したものとする



解答判定について

解答時間
・ボタンが押されてからの解答時間は、およそ7秒とする
・ボタンが押されたあと、一呼吸を置いて5秒前からカウントダウン(5,4,3,2,1)を行う

サブタイトルについて
・サブタイトルのある楽曲が出題された場合、サブタイトルは解答しなくてもよい。メインのタイトルが正確であれば正解とする。
・サブタイトルを解答してもよく、それが正確なものであれば正解とする
・解答したサブタイトルが間違っていた場合は、メインのタイトルが正確であったとしても不正解の判定とする
※ 解答したすべての部分が正確である必要があります。この判定基準は、他の音楽系クイズの大会や例会と同様のものです

解答の正確さ
 イントロ系のクイズでは、一字一句まで解答の正確さが求められる。一般のクイズでいう「(著作物の)作品名」などを問う出題と同様の扱いであり、たとえ日本語としての意味が同じになる言葉だとしても、一字でも一句でも異なれば正解とはならない。例えば、助詞1つだけの間違いでも不正解となる。

解答を聞き直すケース

1.判定者(司会者)が解答を明瞭に聞き取れなかった場合
 解答した方に対し「聞こえませんでした」と言い再解答を促す。この場合は、その直前に解答したタイトルをそのままもう一度解答してください。直前に解答したタイトルと明らかに異なるものを解答したと判断できた場合は、たとえ1つめまたは2つめの解答が正しかったとしても不正解と判定する場合がある。
・明瞭ではなくとも多少は聞こえているので、そのように判断できてしまうケースもある
・最初の解答を明瞭に言わないことによって、複数の解答をする機会を不当に得ることを避けるため
そのうえで2.に該当するケースとなった場合は2.に移る。

2.解答が正解のタイトルに似ている場合(いわゆる「惜しい解答」)
 解答した方に対し「もう一度(もう一回)」と言い再解答を促す。そのままの解答では正解と判定できないものの、惜しい解答であると判定したことを意味する。この場合は、最初に解答した言葉に似ている言葉を解答してください。
・その(2つめの)解答が正確なものであれば正解と判定する
・そのままの解答をもう一度繰り返した場合は「もう一度」とは言わず不正解と判定する
・今大会も、助詞の間違い・単数形⇔複数形の間違いは「もう一度」の声はかからず不正解とする
 一刻も早く答えてしまいたい気持ちはふだん解答者であるわたくしも大いに理解するところですが、本来クイズの解答とは言い直しの効かないただ1つのものであり、1つ1つの解答を大切にしたいというのが私の考えです。あくまでも慎重な解答をお願いしたいと思います。

3. 判定前に言い直しがなされた場合
 一方に正解が含まれ、他方が「惜しい解答」にあたる場合に限り、解答した方に対し「もう一度(もう一回)」と言い再解答を促す。一方が正解で他方が「惜しい解答」にもあたらない場合(つまり明らかに異なる2つの解答を行った場合)、どちらにも正解がない場合(一方または両方が「惜しい解答」であっても)は不正解とする。

 言い直しを含む2つの解答の組み合わせが「正解」と「惜しい解答」である場合に限り、その2つのうちの1つを再度解答する機会をさしあげることにする。この「もう一度」は、たとえ最初に答えたものが正解そのものであったとしても行うため、必ずしも2つめに答えたものが正解であるとは限らない。
 一方で、明らかに異なる2つの解答を行った場合は完全な言い直し=反則とみなし、これも最初に答えたものが正解であったとしても不正解の扱いとする。

その他の特殊なケース
4. 解答権を得た者以外が解答を発してしまった場合
 手元のランプが点滅していない(解答権がない)のに解答を発した場合、解答権がない方の発言は「独り言」として扱い、解答権を得た方の正誤判定には影響しない

5. 出題前に誤ってボタンを押してしまった場合
 ランプの点滅を確認した時点でできるだけ音声を止めるようにするが、間に合わずに音声が流れてしまう場合もある。たとえ過失によるものであるとしても、不当に早くボタンを押し他の解答者の解答機会を失わせたことになるため、この場合は仮にその楽曲のタイトルが分かったとしても不正解の扱いとする。

出場エントリーについて

10月12日に開始を予定しておりますご出場エントリーについてお知らせします。

1.エントリー記入項目
・お名前(ふりがな)
 - 戸籍名(いわゆる本名)
 - ウェブサイトで使用するお名前(エントリーリストに掲載)
 - 会場で使用するお名前
 - 大会結果報告および記録集で使用させていただくお名前<上記の3種類から選択>
・メールアドレス
・所属サークル名
・在住都道府県
・懇親会へのご参加
・目標・意気込みなど
・ご質問・お問い合わせなど

2.エントリー期間
 エントリー開始は 2014年10月12日(日) 10:00 とします。終了日はまだ流動的ですが、大会の1週間前・11月16日(日)を予定しています。
 大会の前日・11月22日(土)には同じ会場で開催されます「Big Steps 2014」にて前日エントリーを、また大会当日も会場にて当日エントリーを受け付ける場合があります。

3.エントリーリスト関連
 「エントリー番号」「ウェブサイトで使用するお名前」「所属サークル名」「在住都道府県」「チャレンジ枠の該非」を掲載します。エントリーを受理したところで、順次掲載してまいります。

4.エントリー番号について
 今大会も、エントリー番号1番は前回大会の優勝者に優先的かつ独占的に与えられるものとします。前回大会に優勝された方は、エントリーが完了した時点でエントリー番号が1番となります。
 その他の方につきましては、前回大会と同じくエントリー完了順とします。

5.エントリー情報の変更
 エントリー情報の変更があります場合は、後日表示するメールアドレスへメールでのご連絡をお願いします。特に、エントリー後に大会へ出場できないことが判明した場合は、必ず連絡を入れていただくようお願いします。

6.途中参加と見学について
 仮に会場到着が遅れた場合であっても、大会途中からの参加は可能とします。ただし、各ハーフの途中からの参加はできないこととします。
 大会には出場せず見学のみにいらっしゃることも可能です。ただし、途中参加も含め大会に出場いただける時刻からいらっしゃる方は、できるだけ大会に出場いただきクイズを楽しんでいただければと思います。

7.天候不順・災害の場合
 万が一、天候不順や災害により公共交通機関等に影響が出るようなことがある場合は、開始時刻の調整・大会の延期を行う場合があります。これらの状況があらかじめ予期される場合は、こちらの最新情報ブログや公式ウェブページのトップでお知らせします。

大会前日(11月22日)のクイズイベントのお知らせ

本日は、本大会の前日・11月22日に同じ会場で開催されます、クイズイベントのお知らせです。

----------

Big Steps 2014

主催:静岡クイズイベント実行委員会

開催日:2014年11月22日(土)
時間:開場10時、開始11時、終了19時
会場:長田生涯学習センター 第1集会室
定員:64名

シンプルなルールでNo.1を決めつつ、静岡県内外のクイズ関係者の交流を図る、という目的のもとでの開催となります。RANTRO IMPERIALとは異なり一般的な読み上げ型の早押しクイズとなりますが、実力の近い参加者同士の対戦がメインとなるとのことで、音楽系クイズが専らという方にも、またオフラインのクイズ自体がほとんど経験がないという方にも、楽しく触れていただけるのではないかと思います。
下記の大会公式サイトがすでに展開されております。ご興味をお持ちの方は、ぜひ公式サイトを定期的にチェックしていただければと思います。

http://quiz.gonna.jp/bigsteps/

いろいろなお知らせ

ルール紹介はいったん中断し、種々のお知らせをいたします。



1. エントリーについて
 エントリーは10月12日ごろに開始の予定です。エントリーフォームに記載いただく内容などについては、来週の平日のうちにお知らせします。


2. 会場について
前回(ver. 2.0)と同じ施設・同じ集会室となりました。

長田生涯学習センター2階 第1集会室
 所在地 静岡市駿河区寺田131番地の1
 リンク 会場 http://sgc.shizuokacity.jp/lc/detail.asp?lcid=8
      地図 http://sgc.shizuokacity.jp/lc/map8.asp

1. アクセス
○ 公共交通機関ご利用の場合
 JR安倍川駅(静岡駅から東海道本線で浜松・掛川・島田方面へ1駅) 徒歩10分
  駅からはやや狭い路地を歩いていただくことになります。
  上記の「地図」のリンクを開き拡大して経路を確認してください。

○ 自家用車ご利用の場合
 東名高速道路 静岡インターチェンジより約15分
 新東名高速道路 新静岡インターチェンジより約30分
  駐車場 無料・60台(会場の南側・北側に各30台分程度あります)
 ※ 日曜日でも比較的余裕があるようです

2. 飲食・買い物関連
・会場周辺にはコンビニエンスストアが1軒ありますが、事前に静岡駅などで調達いただくこともご検討ください
・会場での飲食は可能ですが、弁当ガラや包装等のいわゆる「ゴミ」はお持ち帰りください
・会場至近には飲食店はありません


3. 開始・終了時刻について
企画構成を見直す中で、開始を11時とした場合に終了時刻がかなり遅くなる見込みとなってしまいました。つきましては、開始時刻を過去2回と同じ10時15分とさせていただく見込みです。終了予定時刻も18時30分となります。
当初の予定より早まることとなり申し訳ございませんが、ご了承いただければと思います。


4. 懇親会について
今大会も懇親会を実施したいと考えております。

・大会終了後、19時30分開始を予定しております
・お店はまだ決まっておりませんが、駅北の御幸町・呉服町・両替町・紺屋町、のあたりを予定しております
・エントリーの際に参加ご希望の有無を記入いただくようにします。なお、予約席に空きがあれば、大会当日も若干名の希望を募ります

ラウンド紹介3  ~ 1st ROUND IN ~

Through the GREEN

・一問一答形式の早押しクイズ、曲名を解答する。出題数は80問(予定)
・いわゆる「ローリング」の形式とし、1台の早押し機(端末)に同一ペアの全員が1列に並ぶ
・ハーフ開始時点での順序はPar 3 Contestの順位による

・正解のとき
 - 正解者は3点を獲得。正解者は次の問題でも早押し端末につき、それ以外の列は、早押し端末についていた解答者が列の最後尾に回る
 - 3問連続正解(他者の不正解を挟んでもよい)のときは、ボーナス得点6点(=2問分)を獲得したうえで他の列と同じく列の最後尾に回る

・不正解のとき
 - 不正解者は列の最後尾に回る
 - 累積3問で解答権を失い列から外れ、かつ、それまでに当ハーフで獲得した得点の1/3を失う(すなわち正解1問あたり2点となる)
 - 列から外れたあと、その解答者の位置には「透明人間」(解答席にはつくが早押し解答権はいっさい獲得しない)がいるものとして、引き続きローリングを行う。すなわち、その列の見かけ上の人数は減らないことになる(解答権を得ることはないので、その列の他の解答者は少しだけ有利)

・スルーのとき
 - 早押し端末についていた解答者全員が列の最後尾に回る。連続正解は途切れる


ノーシード解答者のペアについて
・ペア数と同じ複数台の早押し端末を、ノーシードの解答者全員でシェアする
ノーシード解答者数がシェアする早押し端末数の3倍を超える場合、正解1問あたりの得点は4点とする。3問連続正解でのボーナス得点は8点とする
 - 累積3問で解答権を失った場合の減点は、獲得した得点の1/2とする(正解1問あたり2点となる…シード解答者と同様)

・ローリングの方法は以下のとおり
 1. ノーシード解答者から正解者が出ずローリングとなる場合(他の列の解答者が正解、またはスルー)
   - 早押し端末についていた解答者が隣の列の最後尾に回る
 2. ノーシード解答者から正解者が出てローリングとなる場合
   - 正解者の列はローリングをせず、それ以外の列でローリングを行う
   - 最後尾に回るべき隣の列がローリングを行わない解答者については、そのさらに隣の列の最後尾に回る(すなわち1列パス)
   - その正解者が「3問連続正解により最後尾に回る」場合は、上記の1.に準ずる
 3. ノーシード解答者から不正解者が出た場合
   - 不正解者がいる列でのみローリングを行う(通常のローリングと同じ)

 3の補足 ... ノーシード解答者が不正解累積3問(=解答権を失う)となった場合
   - 上記の3.によるローリングを行ったあと、その解答者は列から外れる
   - 上記の「透明人間」は置かず間を詰めてローリングを継続する
   - 列から外れる直前の各列の人数が、
    - 全て3名(またはすべて2名)であったときは、その列は2名のままでローリングを行う
    - 4名の列が残っている場合は、ローリング順で最も近い列の最後尾にいる解答者が、2名となった列の最後尾に回る

※ ノーシード解答者の全体の列の並びは、ラウンドの進行によって変化する場合がある


ペア内の順位点
・当ハーフの得点の第1位は10点、第2位は5点を得る
 - 解答権を失い減点された解答者については、減点後の得点で順位を決定する(つまり最下位固定となるわけではない)
・第1位で2名が並んだ場合はその2名が7点、3名が並んだ場合はその3名が5点を得る
・第2位で2名が並んだ場合はその2名が3点を得る



同一ペアで対戦する解答者が同じ列にいるということは、自身が正解を重ねることによって、その対戦者が早押し端末につく回数を減らすことができます。1問でも多くの正解を重ね、対戦者に対し優位に立つことが重要な形式です。

一方で、ローリングクイズにしてはやや複雑なルールで、分かりにくい点もあるかと思います。主に以下の2点が、一般的なローリングクイズのルールとの違いであるかと思います。
・連続正解数が制限される代わりにボーナス得点がある
・解答権を失った解答者がいる列が特段有利にならないようにする

また、ノーシードの解答者のローリングについては、3人ではないペアが発生する可能性があること、またノーシードとはいえ傑出した正解数を重ねる解答者がいらっしゃる可能性もあることから、ラウンドの進行に伴って全体の列の並びを変えることにより極端な有利不利とならないようにしています。これまた複雑なルールにはなりますが、解答者の移動についてはその都度説明を行いますので、まずはクイズに専念していただければと思います。

ラウンド紹介2・補足

ラウンド紹介3の前に、「1st ROUND OUT」についての補足です。

TEE up 補足

<ペア内の順位点>
・第1位は10点、第2位は5点を得る
・第1位で2名が並んだ場合はその2名が7点、3名が並んだ場合はその3名が5点を得る
・第2位で2名が並んだ場合はその2名が3点を得る




続いて、ラウンド紹介3を行います。
プロフィール

RANIMP

Author:RANIMP
このページは最新情報の提供ページです。先頭記事は大会概要ではなく最新投稿記事となります。大会全体の情報はRANTRO IMPERIAL 情報ページをご覧ください。

最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。