スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【プレイバック】 更新一時中断のお知らせ

主催者の本業等の都合により、プレイバックの更新をしばらくお休みさせていただきます。年末年始の時期をメドに再開をさせていただく予定です。
もともと、大会記録集に掲載する内容を先取りして公開しているものですので、記録集の編集の進捗とともに、こちらの更新も進んでいくものと思います。
楽しみになさっておられる方には誠に申し訳なく思います。今しばらくお待ちいただければと思います。
スポンサーサイト

【プレイバック】 早押しボード&ボードクイズ・前半の前半(2nd ROUND OUT / Leading BOARD)

5日ぶりの更新は、この大会の目玉ともいうべき?【早押しボード&ボードクイズ】で出題した楽曲についてのコメント集。前回の更新でも触れたとおり、数百曲の出題候補の中から厳選した36曲でもありますので、4階に分けて1曲1曲振り返ってみたいと思います。まずは、OUTスタート組の1問目~10問目。



1. エスカレーション/河合奈保子
 元気に歌う河合奈保子、しっとり歌い上げる河合奈保子、好みは人それぞれと思いますが、主催者はこのような元気あふれる歌い方のほうが好み。カントロ(ラントロ)クイズ出題の観点からすると、歌詞部分に入る直前のメロディが特徴的で、イントロクイズレギュラーの方には易しい出題だったようです。

2. 「男」/久宝留理子
 久宝留理子の出世作にして、紅白歌合戦初出場も決めた最大のヒット曲。最初の長めのギター音だけでボタンが押されるのも納得ではあるが、終始ギター音しか聴こえない間奏でもあって、正解者数はさほど多くはなかった印象。

3. 案山子/さだまさし
 さだまさしはぜひともここで出題したいと思っており、数ある楽曲の中から選んだのがこれ。弟を気遣う兄の気持ちを歌った歌の雰囲気が、間奏にもにじみ出ている名作。早押し正解の大中、挙手正解の田内。高得点はこの2名のみ。

4. Reason/玉置成実
 玉置成実の代表曲の1つであり主催者もかなり好みの楽曲ではあるのだが、この打ち込み音とギター音だけでとなると、やはり知らなければ答えられない1曲なのであろう。早押し解答者は不正解(もう少し待てば正解していたかも)。ボード正解の2名(あるでん茶、木戸)はお見事。

5. 赤い電車/くるり
 もともとのメロディ自体も特徴的な楽曲ではあるのだが、何といっても京浜急行・新1000系/2100系に搭載されている所謂「ドレミファインバータ」の音が採り入れられているのが、この間奏の唯一にして無二のポイント。その割になかなかボタンは押されなかったが、ボードも含めた正解者数はそこそこ。ちなみに、間奏部分は約50秒とかなり長い。

6. サマータイムブルース/渡辺美里
 シングル表題曲としては唯一の本人作詞作曲の作品、とのこと。爽快感のあるサキソフォンのメロディで、正解者も多数。この1曲も主催者の趣味である。

7. 時には娼婦のように/黒沢年男
 ほんの1,2秒ですぐ押された割には、挙手解答者も4名となかなかの正解率。この年代にしては比較的特徴のある間奏、ということなのだろうか。なお、漢字間違いの解答者はなし。

8. おいでシャンプー/乃木坂46
 前半がドラム音、後半が歌詞部分とは異なる特徴的なメロディ、という面白い間奏をもつ1曲。前半のドラム音だけで押した大野、そのポイントでボード席挙手正解のKAWA24は見事なもの。メロディ部分に切り替わったところで分かった解答者、間奏の最後で分かった解答者もいらっしゃったようだ。

9. 星のラブレター/THE BOOM
 ハーモニカに入る手前のギター音でボタンが押され、そして早押し席での挙手解答者も多数。THE BOOMの初期のシングル曲でさほど露出のなかった頃の楽曲にしては高い正解率であるが、それだけよく聴かれている楽曲ということなのだろう。

10. 果てしない夢を/ZYYG, REV, ZARD & WANDS featuring 長嶋茂雄
 イントロクイズサークルの例会レベルでは、ゲスト歌手である長嶋氏の歌唱部分を再生したがる人が多い1曲。なので、敢えて間奏を出題してみたらどうなるかを「試してみた」位置づけの1問。早押し解答の大野は、「対策」でもしてきたかのような鋭い早押し。歌詞直前の数秒で分かった解答者も多かったようだ。



「前半の後半」は明後日にでも。

【プレイバック】 ペーパークイズ・これは出したかった楽曲編(1st ROUND OUT / TEE up)

ペーパークイズについてもう一題。「ぜひともペーパーで出題したかった楽曲」などを中心に、10曲程度になりますが紹介してまいりましょう。曲名のあとのカッコは正解者数(21名中)。

3. もらい泣き/一青窈 (6)
 後半のクラシックギターが特徴的で、且つこの楽曲のよさを出しているポイント。と思っていたのに、正解率が3割にも満たなかったのはちょっと意外。

12. 河内おとこ節/中村美律子 (13)
 「演歌にしてはおなじみで分かりやすい」例を1曲出題してみようと考えた次第。紅白歌合戦でもおなじみの楽曲ではあるので、この正解率には納得。

14. 青春アミーゴ/修二と彰 (13)
 「シングル売上年間第1位の楽曲にしてはなじみが薄い」例の1つ。「河内おとこ節」と同じ正解者数なのが、その証左であるのかもしれない。

15. さらばシベリア鉄道/太田裕美 (11)
 爽快な大瀧サウンドの軽快な間奏。企画・難度云々を別にして出題したいと考えた1曲。個人的には、少し音の高い大瀧歌唱のほうが好み。

16. BRIDGE~あの橋をわたるとき~/ハウンド・ドッグ (5)
 かなり特徴のある打ち込みサウンドと思っていたのですが、この正解者数は意外なほどの少なさでした。私自身は何百回聴いても飽きないほど好みの楽曲なのですが、世代の差が出やすい楽曲なのかもしれません。

17. PRIDE/HIGH and MIGHTY COLOR (2)
 最初から最後まで紆余曲折あった不遇の?ユニットではありますが、この曲は個人的に好みです。

23. ボクの背中には羽根がある/KinKi Kids (13)
 フォルクローレ風の間奏が特徴的。この企画で出題しなくてどこで出す?といった位置づけの1曲。「『僕』の背中には…」はオマケ正解としました。

27. Glass/河村隆一 (11)
 ソロにしてもLUNA SEAにしても、バラードの間奏はRYUICHIの咆哮にも似た声が聞こえるのが特徴的です。ソロなのかLUNA SEAなのかを聴き分けられるかどうか、がこの出題のカギでしょう。

29. Get down/野猿 (1)
 この特徴の薄い打ち込みはさすがに難しかったか。野猿のデビュー曲ですが、この曲がいちばん野猿のかっこいい面が出ているのではないかと思います。

34. Don't stop me now/Queen (6)
 ペーパークイズでの洋楽曲はこの1曲のみ。洋楽通は漏れなく正解していました。洋楽素人のわたくしが聴くQueenは「We are the champions」とこの曲ぐらいのものですが、こちらの曲のほうが聴く機会ははるかに多いです。

他にも何曲か触れたい楽曲はありますが、それらは記録集のほうに譲ることにします。



次回からは、ローリングを飛ばして早押しボードに触れる予定。こちらは厳選した32曲(未出題込みで36曲)ということもあって、何回かに分けて全曲触れる予定でいます。

【プレイバック】 ペーパークイズ集計(1st ROUND OUT / TEE up)

大会からまもなく1週間となります。
当ブログを除くウェブページの掲載情報につきましては、エントリーリスト・ペアリングは今週末に、その他のページにつきましては年末をめどに、削除とさせていただく予定です。ご了承ください。
本大会のすべての記録につきましては、後日発行されます公式記録集でお楽しみいただければと思います。

それでは、大会プレイバックにまいりましょう。
まずは、ペーパークイズの集計結果から(参加者名は敬称略)。



平均点
 17.6問(35.1点)

全36問のほぼ半分。出題バランスとしてはまずまずだった、でしょうか。


個人成績
 1位 田端 31問
 1位 シンガーズ・ハイ 31問
 3位 ラントロ超人 28問
 4位 kon 25問
 5位 大野光則 24問
 6位 斉藤雅史 22問
 6位 ノモト 22問
 8位 大中宏治 21問
 9位 永井雄大 17問
 10位 はんぱ 16問

上位3名が抜けている印象。こちらの10名の方は、全員がFinal ROUNDへ進出されています。


正解者数の多い出題
 1位 Jupiter/平原綾香  21名(全員)
 1位 神田川/かぐや姫  21名(全員)
 1位 Runner/爆風スランプ  21名(全員)

この3問は全員正解。世代を問わずのおなじみの曲ばかりのように見えますが、「神田川」もそうなのですかねえ?


正解者数の少ない出題
 33位 TAKE ME HIGHER/V6  2名(田端、ラントロ超人)
 33位 PRIDE/HIGH and MIGHTY COLOR  2名(斉藤、シンガーズ・ハイ)
 35位 ボクノート/スキマスイッチ  1名(田端)
 35位 Get down/野猿  1名(kon)

「好きな人は好き」という楽曲が揃っている感はあるかもしれません。
少数正解者としては、個人成績の上位者が名を連ねています。
全員不正解の出題は1問もなく、みなさまの解答ぶりには畏れ入るばかりです。

RANTRO IMPERIAL ver. 3.0 大会結果報告

RANTRO IMPERIAL ver. 3.0 ~the KANTRO Masters~

 主 催:静岡クイズイベント実行委員会
 開催日:2014年11月23日(日)
 開催地:長田生涯学習センター 第1集会室(静岡市駿河区)
 参加人数:21名
 Winning Answer:「AMBITIOUS JAPAN!」(TOKIO)
 (カントロクイズ=楽曲の間奏の部分を再生し曲名を当てるクイズ=による)

 優勝:池戸万作(同志社クイズラバーズOB会) 3ホール獲得(15番・17番・18番)
 2位:田端(KIP) 2ホール獲得(14番・16番)
 3位:大野光則(なごやイントロの会) ホール獲得なし

 予選ラウンド1位:大野光則(なごやイントロの会) 255点
 ペーパー1位:田端(KIP)、池戸万作(同志社クイズラバーズOB会) 31問(62点)/36問

※ 優勝の池戸さんには「GReeeeNのジャケット(も入ったCDアルバム)」が贈られました



昨日、無事に大会を終えることができました。ご参加いただき運営にもご協力いただきましたみなさま、見学にいらっしゃいましたみなさま、そして温かく見守っていただきましたみなさま、誠にありがとうございました。

開催そのものは終了いたしましたが、今回は可能であれば「このラウンドはこうして構成した!」「このラウンドのこの曲はこのようにして選んだ!」というのを掲載していければと考えております。気のみ気ままに?更新していくつもりでおりますので、ゆるりとご覧いただければと思います。
プロフィール

Author:RANIMP
このページは最新情報の提供ページです。先頭記事は大会概要ではなく最新投稿記事となります。大会全体の情報はRANTRO IMPERIAL 情報ページをご覧ください。

最新記事
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。